憧れのチャペルで挙式!教会の結婚式に関する基本的なポイントを一挙に解説

当サイトは憧れのチャペルで挙式をしたい人におすすめの、教会の結婚式に関する基本的なポイントを一挙に解説しています。
キリスト教式のウェディングを希望している場合には、参考になる可能性があります。
そして挙式における作法をマスターしたい、と考える場合にも役立つ可能性がある内容です。
さらに提携している披露宴会場の有無に関する情報も取り扱っています。
挙式後の披露宴をどこですることが可能なのか基本がわかります。

憧れのチャペルで挙式!教会の結婚式に関する基本的なポイントを一挙に解説

結婚式をするときには、キリスト教のチャペルを選びたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
キリスト教の結婚式は、その教会がプロテスタントかカトリックかによって利用できる人が異なります。
また結婚式の専門式場やホテルなどに作られているチャペルの場合には、披露宴会場が同じ敷地にあるのが一般的です。
しかし一般の教会の場合には、披露宴をするためには自分たちで別途会場を押さえておかなくてはならないことがあります。

新婦の華やかさが際立つチャペルとは

日本では、従来までの神前結婚式よりもチャペルを利用した教会式結婚式の方が高い人気となっています。
このチャペルとは、西洋式の寺院のことを指しており、ブライダル会社では敷地内に専用の施設として用意をされているのがポイントです。
ではここで簡単に、新婦の華やかさが際立つチャペルとはどのようなものかを解説していきましょう。
それは純白のウェディングドレスを引き立たせる空間であり、国内ではピンクを基調にした内装を用意されるケースが多くなります。
また沖縄県に至っては全面をガラス張りにしているチャペルもあり、オーシャンビューの色調が新婦の姿を華やかにしていると捉えることも可能です。
チャペルとは神聖な場所を意味する言葉なので、派手な装飾をされることはありません。
挙式でも新郎が白いタキシードを着用されるのは、神聖さを醸し出すからです。
華やかさを求めるのであれば、花を飾って演出をすることもできるので提案をすると良いです。

無宗教のカップルでもチャペルで挙式は可能

結婚式をチャペルで行いたいと考えているカップルは大変多いです。
結婚式場に併設された教会を利用する場合は無宗教でも良いのですが、本物のチャペルで挙式をしたい時はキリスト教に入信しなくてはならないのかと考えます。
ですが入信しなくてもチャペルで行える場合があります。
キリスト教の場合大きく分けてカトリックとプロテスタントの2つの宗派があります。
カトリックは大変マナーやしきたりを重んじており、新郎新婦どちらかが信者でないと利用することができません。
さらに新郎新婦のどちらか、もしくは両方が再婚者である場合も挙式はできないことになっています。
一方プロテスタントは宗教や宗派を問わず執り行うことができます。
そのため結婚式場ではプロテスタントの挙式を採用していることが多いです。
なおプロテスタント方式であっても、チャペルで挙式をする場合は事前に礼拝や結婚式の講座に数回参加する、司祭と面接を行うことが必要であり、ある程度教会に通う必要があります。

チャペル式と神前式の結婚に関する相違点

結婚式を計画しているカップルにとって、どの式場で結婚式を挙げるか色々情報を集めている人は非常に多いです。
多くの結婚式では結婚の誓いをして夫婦となる挙式と、夫婦の愛を招待をした参加者みんなで分かち合う披露宴がセットで行われますが、挙式に関してはチャペル式と神前式で大きな相違点があるといわれています。
まずチャペル式とはキリスト教式とも呼ばれ、教会で神に結婚を近い愛の証に指輪を交換する流れです。
新郎と新婦は、それぞれタキシードとウエディングドレスを着用しバージンロードを歩いて非常にロマンチックな雰囲気があります。
キリスト教徒ではなくても結婚式場やホテルにあるチャペルを利用してこのスタイルの挙式を挙げることができることや、大きめのチャペルなら友人や知人など多くの人に参列してもらうことができます。
神前式の場合家と家のつながりを重視することで、列席は両家の親族のみが基本となり、挙式も神社と神殿で行われます。
日本の伝統スタイルを重視しているので新郎と新婦はそれぞれ紋付袴に、白無垢もしくは色打掛、引振袖など普段の着物とは異なる豪華な和装に身を包みます。
親族のみで行なうのでアットホームな挙式を望む場合に向いています。

チャペルの結婚式に欠かせない賛美歌の斉唱

神社での式ではない限りは、挙式はチャペルを利用することになることが多いです。
場合によってはホテルなどで開放感のある空間で行われることも有りますが、ほとんどは教会が用意されていてそこで実施されます。
ちなみに結婚式の中で教会式ですと賛美歌の斉唱というのが必ずあります。
キリスト教ではないしあまりわからないという方も多いかもしれませんが、年齢を重ねている方ですと参加するたびにうたうことも有りますし、必ず歌手の方がいてリードしてくれるので歌が分からない方が多くても問題はありません。
何となく聞いたことがあるということも多いですし、それに合わせて歌うことが出来ますので心配は無用です。
チャペルでの式は幻想的ですし、キット記憶に残る式になる事でしょう。
写真や映像にも残しておく事をお勧めしますし、素人さんではなくプロに撮影を依頼する事であとで見返す時にもより思い出を鮮明にそのシーンを取り戻すことが出来るのでお勧めです。

に関する情報サイト
教会の結婚式に関する基本的なポイント

当サイトは憧れのチャペルで挙式をしたい人におすすめの、教会の結婚式に関する基本的なポイントを一挙に解説しています。キリスト教式のウェディングを希望している場合には、参考になる可能性があります。そして挙式における作法をマスターしたい、と考える場合にも役立つ可能性がある内容です。さらに提携している披露宴会場の有無に関する情報も取り扱っています。挙式後の披露宴をどこですることが可能なのか基本がわかります。

Search